パトカーに追跡され側壁に衝突、炎上…阪神高速[読売新聞]

保険会社に「慰謝料負けてください」とお願いされた示談戦略とは?

 8日午後10時5分頃、堺市堺区築港八幡町の阪神高速湾岸線への進入路で、大阪府警住之江署のパトカーに追跡されていた乗用車が側壁に衝突し、炎上した。運転していた男性は全身を打ち、病院に搬送されたが命に別条はないという。

 住之江署の発表によると、同10時頃、大阪市住之江区平林南 の路上で同署のパトカーが、停止中の乗用車に近づいたところ、急発進したため追跡した。乗用車は停止の求めに応じず、信号無視を繰り返し、約5キロにわ たって逃走。約5分後、湾岸線本線に入る手前の急な左カーブで右側壁にぶつかり、左側壁にも衝突した。同署によると、乗用車はナンバーが付け替えられた盗 難車の疑いがあるといい、男性の回復を待って事情を聞く。同署は「追跡方法に問題はなかった」としている。