自転車大会で転倒、重体 京都、酒気帯びで参加者ひき逃げも [京都新聞]

保険会社に「慰謝料負けてください」とお願いされた示談戦略とは?

7日午後0時40分ごろ、京都府伊根町蒲入の国道178号で、サイクリングイベント「TANTANロングライド」に参加の男性(44)が自転車で走行中に転倒した。男性は頭を強く打ち、意識不明の重体。

宮津署によると、現場は2車線のゆるいカーブで転倒時の状況を調べている。

また、同署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで京都府与謝野町算所、無職の男(67)を逮捕した。

逮捕容疑は、同日午後1時45分ごろ、伊根町長延の国道178号で軽ワゴン車を運転中、同イベントに参加した公務員男性(25)の自転車と接触し、両足に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑い。呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたという。

イベントは天橋立を発着点に府北部を自転車で巡り、約1500人が参加した。同実行委員会によると計4件の事故が発生した。