ひき逃げ容疑でタクシー運転手逮捕 京都・山科で男性死亡[京都新聞]

保険会社に「慰謝料負けてください」とお願いされた示談戦略とは?

京都市山科区で5日夜に男性が車にはねられて死亡したひき逃げ事件で、山科署などは6日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、「MKタクシー」(南区)の運転手(59)=左京区下鴨泉川町=を逮捕した。

逮捕容疑は5日午後10時半ごろ、山科区川田御出町で、タクシーを運転中、転んで車道側に倒れていた同区の会社員(35)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑い。

山科署によると、運転手は「人をひいたことについて認識がない」と容疑を否認しているという。